スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixiチェック

『セカンドバージン』初日舞台挨拶が行われました

本日9月23日(金・祝)、『セカンドバージン』の初日舞台挨拶が行われました。大人の純愛を描いた本作にちなんで、「純愛」の花言葉を持つなでしこの花が、舞台に登場!さらになでしこは「情熱・大胆・勇敢」という花言葉も持つということで、キャスト陣の「情熱・大胆・勇敢」エピソードも披露致しました。

【実施日】 9月23日(金・祝)
【場所】 丸の内ピカデリー2
【登壇者】 鈴木京香、長谷川博己、深田恭子、黒崎博監督
【司会】 八雲ふみね


MC:まずはご挨拶をお願いします。

鈴木:休日の朝に『セカンドバージン』を選んで頂いて感謝しています。みなさん映画を観終わった後ということで、感想を聞くのが怖いのですが、このように劇場でご挨拶ができるのが、とても嬉しいです。気に入って頂けたら、お友達などにご紹介頂ければと思います。

長谷川:今日はありがとうございます。みんなで一生懸命頑張りました。このような舞台に立つのが初めてなので、緊張していて「ありがとうございます」という気持ちだけです。いろいろな方に宣伝してください。

深田:こんなにたくさんの女性の方にきて頂いて驚きと嬉しさでいっぱいです。ドラマより二人の愛が濃厚で、割って入る隙がありませんでした。たくさんの方に観て頂きたいです。

黒崎監督:今日を迎えられて感激しています。ドラマから話題にして頂いて、みなさんで育てて頂いた作品です。ありがとうございます。

MC:ドラマでは女性の多くがハマった『セカンドバージン』ですが、その魅力をお聞かせください。

鈴木:今の女性は元気でキレイなので『セカンドバージン』のような作品を気に入ってくれたのかも知れません。あとは、鈴木行の魅力ではないでしょうか?長谷川さんは、今、史上最強のモテキですよね(笑)

MC:京香さんが「鈴木行の魅力」とおっしゃっていますが。

長谷川:そんなことありません、キャストのみなさんが魅力的だからです。それとお二人(鈴木、深田)が愛してくれたから、鈴木行が魅力的になったんだと思います。

深田:京香さんの大胆さや美しさ、脚本家の大石さんの描いた女性の強さや爽快感、世界観だと思います。

黒崎監督:女性の描き方などいろいろあったと思いますが、一番はキャストのパワーだと思います。あと個人的には、毎日京香さんに会えて「キレイだな」と思えたことや、そこに深田さんが登場して「キラキラしているな」とか、長谷川くんは「いつも足が長いな」などですね(笑)。

MC:役どころを通じての恋愛観を教えてください。

鈴木:るいは17歳年下の男性と恋をすることに、葛藤があったんですね。でも一度恋に落ちたら周りの状況など気にならなくなった。私もるいのおかげで、恋愛をすることに躊躇ったりしなくてもいいのかなと思いました。

長谷川:僕はあまり恋愛観というものがないのですが、行を演じる上ではつねに突き進んでいた感じがしました。

深田:万理江は行さんのことを初めて愛した女性だと思うんです。一途で真っ直ぐな女性なので、その気持ちは大切にしたいです。

黒崎監督:一生懸命に人を愛する人物たちを描いた作品なのではないかと。好きになったらしょうがないし、それがこの作品の愛の形なのかなと思います。

MC:(ここで登壇者に、純愛という花言葉を持つ“なでしこ”の花束を贈呈)“なでしこ”は“純愛・大胆・勇気”という花言葉もありますが、そのようなエピソードはございますか。

鈴木:“純愛・大胆”は、あまり持っていないような気がして今まで仕事をしてきたんですが、この作品に取り組むようになって“純愛・大胆”を持てたのかなと思います。“勇気”はずっと持っていたいです。“勇気”を持っているおばあちゃんってかっこいいですよね。

長谷川:“情熱”は、お芝居で持っています。不思議なことに、周りに“大胆”だとよく言われて…、突然大きな声を出したりするからでしょうか?(笑)“勇気”は、こうやってみなさんの前に立つことだったり、ラブシーンをやったりすることも“勇気”だと思います。

深田:私は“勇気”もないし、“大胆”なこともできないんですが、日々お仕事などに“情熱”を持って歩んでいきたいなと思っています。

MC:最後に鈴木京香さんより一言お願いします。

鈴木:いろいろなことを少し感じたり思ったりする時間を、『セカンドバージン』から思って頂けたら嬉しいです。長谷川さんがまだ話し足りないようですので、マイクを渡します(笑)。

(長谷川さん、突然マイクを渡されて戸惑いつつ)

長谷川:僕らは世界を変えることはできません…が!!僕は今一番のモテキです!

初日舞台挨拶


◆『セカンドバージン』公式サイト
http://www.secondvirgin.jp/
絶賛公開中です!
 

 
 
スポンサーサイト
mixiチェック

『セカンドバージン』トークショーイベントが行われました!

本日、映画『セカンドバージン』の9/23(金)の公開を記念して、出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー、中村るい(鈴木京香)と恋に落ちる17歳年下の鈴木行を演じた長谷川博己さんと、るいの部下で行の担当編集者、山田梨恵を演じた田丸麻紀さんによるトークショーを実施いたしました!

TVドラマ「セカンドバージン」放映後、掲示板が過熱するほど人気だった長谷川博己さん。舞台へ登場すると、会場からは“キャー!!♪”と言う大歓声と大きな拍手が!

長谷川さんは「今日はこんなにたくさんの方にお越し頂いて嬉しいです、ありがとうございます」と挨拶され、和やかな中、トークショーが始まりました。

今日はドラマの1話目の上映後にトークショーを開催。長谷川さん、田丸さんは、官能的な描写で話題をさらったドラマの裏話や、9/23に公開される映画版の見どころなどをいち早く話し、ファンからは驚きの声や映画を期待する声が湧き上がりました。

【トークイベント登壇者】 長谷川博己、田丸麻紀
【司会】 八雲ふみね


Q:たくさんの方から指示された「セカンドバージン」ですが、魅力は何だと思いますか?

長谷川:
仕事一筋で生きてきた女性が情熱的な恋に落ちるというところに、たくさんの方が共感を受けたんだと思います。
僕は脚本家の大石静さんに「あなたを見たいと思わないと、このドラマは成功しないわよ」と言われていたので、かなりプレッシャーを感じながらやっていました(笑)。最終的には開き直っていましたけどね(笑)

田丸:
ドラマのOAを重ねる度に、行さんが男性として成長していたので、私も毎回楽しみにしていました。人間同士の恋は年齢など関係なく、魂と魂のぶつかり合いだと思っているので、「セカンドバージン」は、切ないドラマなんですけど、そこが引き込まれていく理由なんだと思います。

Q:ドラマ、映画で一緒だった出演者で印象に残っている方は?

長谷川:
個性のある方が多かったので、みなさんそれぞれ魅力がありましたね。鈴木京香さんと、深田恭子さんは大女優さんなので、2人に囲まれて、自分の影がどんどん薄くなってきているような気がしたんですが(笑)、ずっと無我夢中に演じているうちに、気がついたら終わっていました(笑)。

Q:映画が9月23日から公開になりますが、見どころは?

長谷川:
ドラマに比べると、かなり幻想的なので、絶対に映画館で観るほうが楽しめると思います。きっとみなさん、ドラマ以上にいろいろと考えたりすると思います。

田丸:
台本を読んだ時に、ドラマの一部分を深く掘り下げた展開がかなり新鮮でした。楽しんで観て頂けると思いますので、ぜひ劇場にお越しください。


ここからは、一般のお客さんからの質問が飛び交いました!

Q:田丸さんへ。編集者としての行さんの魅力は?

田丸:
頭の中が整理された方で、でもどこか私のことを見ていない。とてもミステリアスな男性だなと、編集者の山田は思っていました。

Q:長谷川さんへ。行さんと似ている点、違う点は?

長谷川:
ストレートに言うところ、情熱的にまっすぐ突き進んでしまうところは似ているかも知れません。似ていないところは、僕はあんなにインテリではないですね(笑)。

田丸:
私のイメージは、長谷川さんは男性なのに上品でさわやかなところですね。それなのに役に入り、スーツを着ると色っぽさがでる。すごい役者さんなんだなと思いました。

Q:田丸さんへ。るいさんのような上司がいたら…?

田丸:
毎日会社に行くのが大変ですよね(笑)でも、いろいろな意味で素晴らしい刺激になるかと思います。鈴木京香さんも、忙しいスケジュールの中でも笑顔で優しくて穏やかな方なので、学ばせて頂きました。

長谷川:
鈴木京香さんは、凛としているのに愛嬌のある、とてもステキな方ですね。


*イベント会場にて、長谷川博己さん、田丸麻紀さん。
トークイベントにて


◆『セカンドバージン』公式サイト
http://www.secondvirgin.jp/
 
 
  mixiチェック

『セカンドバージン』撮影現場の様子とキャストコメントをアップしました

6月初旬よりクランクイン、快調に撮影が進んでいる『セカンドバージン』の撮影現場取材が行われました。その模様と出演者のコメントを掲載します!

撮影シーン:カクテルパーティーの会場にて、主人公・中村るいと鈴木行が初めて出会うシーン
登場キャスト:鈴木京香(中村るい役)、長谷川博己(鈴木行役)

東京・六本木の結婚式場「ザ クラシカ東京」にて、昼過ぎから始まった撮影では、主人公・中村るい役の鈴木京香と、るいと出会う鈴木行役の長谷川博己の他、パーティー会場の客としてエキストラ約40名が集い、華やかな撮影が行われました。二人の出会いとなる重要なシーンだけに、黒崎博監督も思いをこめて演出し、何テイクもかけて撮影が行われました。

セカンドバージン_01
映画『セカンドバージン』より


セカンドバージン_02
演出をする黒崎博監督


【キャスト一問一答】

Q:今回、ドラマで一度演じられた役と同じ役に映画版として臨まれて、新たに気づかれたキャラクターの魅力や意外な発見などはありますか?

鈴木京香:
一度やった役ではありますが、映画版ではお話が変わってる部分もあり、新しいエピソードも増えているんですね。 映画の導入部分では、「あれ!これは『セカンドバージン』なの?」と思われる方もいるんじゃないかと思うぐらい、ちょっと違う感じで話が進んだりして…。キャラクターの芯の部分は一緒なんですけど、より一層、悩んでいる部分だとか弱い部分とかが、今回の映画版では強調されていると思います。

長谷川博己:
ちょっとまた違った側面からの『セカンドバージン』が描かれているのかな、と思います。鈴木行は、ドラマ版では、失踪して2年たつんですが、今回は5年経っているという状況となっていたり…「そこで何が行われていたのか」というところが、今回色々と僕の考えないといけない部分だったりするのかなと思います。

基本的には、先ほど京香さんがおっしゃっていた通り、ドラマ版のキャラクターはそのままあると思うのですが、そこでのちょっとしたニュアンスみたいなものは変わってきていると思います。すごく、よりディティールにこだわっているというか…映画なので、「画(え)」でも色々見せられるという部分もたくさんありますし…そういう意味では、一秒も見逃せないというか。TVだとよく、「~ながら」で見るといいますが、映画の場合は一秒たりとも見逃せないというような、そんな作品になっているかと思います。


Q:役作りにおいて、何か意識したことなどはあるのでしょうか。

鈴木:
色々な方が「私がモデルだ」といってくださっていると聞いて驚いているんです。働いている女性から「(これは)私よ」と思っていただけたことがすごくうれしくて…今回の映画では、働く女性というよりも「恋に悩む女性」という部分が多くなっている分、見に来て下さった方に自己投影して心酔してもらえる所というのが、より心理的なものになっていると思います。

今回はるいを演じるに当って、“働く女性としてこうだ”ということを考えるよりも、強い女性なのに、行さんの前だといつものるいでいられなくなってる、そんな心情的なものの方を大事にしたいなと思っています。ドラマでるいのキャラクターはできあがっていると自信をもって、今回はもっと深い“女性の心のひだ”というようなものを、丁寧にやりたいと思います。

長谷川:
僕も京香さんと同じで、心情的な部分を丁寧にしていかないとなと思います。割とじっくり撮っているので、空いている時間はなるべくそういうことを考えつつ、やっています。もちろん前のドラマ版での鈴木行の役作りは自分の中には潜在的にしみ込んでいるんじゃないかなと思いつつ、演じています。


Q:黒崎監督の演出方法についてですが、かなり委ねられている感じなのか具体的な指示があるのか、どうでしょうか。

鈴木:
黒崎さんは本当に熱意のある方で、現場でも細やかに説明してくださるので、とてもわかりやすいんです。今回も、ちょっと話して頂くだけで何を求めてらっしゃるのかというのがはっきりわかるので、監督の思いを受け入れつつ、二人とも、10話分演じてきた役として、自分の考えをとても伝えやすいですし、わかってくださいます。

長谷川:
本当におっしゃる通りで…僕も全部同じようなことになってしまうんですけど(笑)、現場は皆さんでコミュニケーションもとれますし、るいさんとも色々お話ししたりだとか、監督のおっしゃりたいこともすごくわかりやすいので…割と監督も委ねてくれているような気はしています。


Q:“ スキャンダラス”なのか、“純愛”なのか。お二人はこの作品での二人については、どちらだと思われますか?

鈴木:
私は、「純愛」という方が先にきていると思います。設定は、うんと年の離れている男性で、しかも既婚者の方がお相手というのは、十分スキャンダラスだと思いますが、愛するという気持ちや行為というのは、何も大胆なところや過激なところがあるわけではないんです。その差というか、大人の女なのに躊躇してしまうところが、面白いのかなって思います。一見大人の女性でも、意外と蓋をあけてみると、子供みたいな感じで人を想っている。そこはやはり純愛なんだなと思います。

長谷川:
基本的には僕も純愛のストーリーなんじゃないかなと思います。今回のこの映画は「死の香りのする純愛」の映画になるのではないでしょうか。とにかくるいも行もずっと一途に想い続けてきたっていうのが、前提にあるのかなと思いますね。
 

会見


◆『セカンドバージン』公式サイト
http://www.secondvirgin.jp/

 

  mixiチェック

Home

プロフィール

映画『セカンドバージン』スタッフ

Author:映画『セカンドバージン』スタッフ
映画『セカンドバージン』公式ブログです。

監督:黒崎博
脚本:大石静
出演:鈴木京香、長谷川博己、深田恭子 ほか
9月23日(金・祝)全国公開

http://www.secondvirgin.jp/

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。